自分に合った求人を見つける|弁護士としての転職

business negotiation

相続放棄を諦めない

online business

熟慮期間経過後でも簡単に諦めてしまう必要はありません

人が死亡すると同時に、相続が開始することになっています。よく具体的な相続手続きを取らない限り、遺産を相続することはないと勘違いしている人がいますが、それは大きな誤解です。人が死亡したからといって、権利や義務の帰属主体をなくしてしまうことはできません。そのため、何ら具体的な手続きを取っていなかったとしても、相続開始と同時に全ての権利や義務が相続人に受け継がれることになるとされています。実際には、その後に遺産分割協議が行われるケースが多いのですが、遺産が宙ぶらりん状態で放置されてしまうようなことはありません。相続開始から3ヶ月以内に相続放棄の手続きを取るようにしないと相続を単純承認したとみなされることになっているのですが、困ってしまうのは、被相続人に隠された借金があったような場合です。一昔前までは、熟慮期間経過後は泣く泣く借金を相続するしかなかったのですが、最近になって期間経過後でも相続放棄できるケースが出てきました。ですので、熟慮期間を経過しているからといって簡単に諦めてしまったりせずに、専門家に相続放棄の相談をしてみるようにした方がよいです。

熟慮期間経過後の相続放棄を希望している場合には

熟慮期間経過後の相続放棄を希望しているのであれば、弁護士もしくは司法書士に相談してみることをおすすめします。誰の目から見ても、明らかに熟慮期間の経過を回避しようがない事情があったとわかるような単純な事案の場合には、相続放棄申述書と一緒に上申書を提出するだけで、案外簡単に相続放棄を認めてもらえる可能性が高いです。ですので、そのような場合であれば、弁護士ではなくて司法書士に依頼するようにした方が費用を安くあげられる分だけお得かもしれません。しかし、判断が難しい複雑な事案の場合は、その後に訴訟を提起することになる可能性が高いので、最初から弁護士を利用するようにしておくのが得策です。弁護士を利用していれば、訴訟代理人になってもらうことができますので、重宝することができます。